トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    [オフィスにおじゃま] (株)One's アイ


トップ
 > 入居者紹介 >  (株)One's アイ

 

  現場での不便さから、折りたためる個室の開発へ
                                    (株)One's アイ 齋藤栄三さん


 折りたたみ式の仮設トイレの販売をされている(株)One's アイさん。
私達が普段、街や工事現場または祭りなどのイベントでみかけるものは、箱型タイプのものです。
しかし、(株)One'sアイさんが開発された仮設トイレは折りたたみ式。また仮設トイレの素材は軽量で強いプラスチック段ボール。名前の通りプラスチックでできている段ボールです。見かけることが少ないプラスチック段ボールですが、私達が見かける場面は引越し作業をしている時。荷物の搬入、搬出する際、エレベーターや壁など貼られていることがあるのを、見たことがある人もいるのではないでしょうか。

そんなプラスチック段ボールを使って「簡易仮設トイレ」を開発された(株)One's アイの齋藤さんにお話を伺いました。
「簡易仮設トイレ」を開発されたきっかけ  

  齋藤さんは、造園業の会社を経営されていて、その現場で不便さなどを感じたことが始まりです。造園の仕事は、様々な場所での作業になります。個人の家であったり、お店や施設等など。そんな様々な場所で仕事をする際、必要となってくるのが作業員が使用するトイレ。

作業場所が個人の家であったとしても、作業員用にトイレを確保しなくてはなりません。そのため仮設トイレを設置します。場所によっては設置できる所やできない所があり、仮設トイレは箱物であるため、設置することが困難な場合もあります。かといって、個室になっていない囲いだけのものだとお客様から見て、気持ちの良いものではない。そのため別の場所に確保などすることになります。あらゆる場所の様々な現場を見てきた結果、折りたためる仮設トイレを開発しようと思ったのがきっかけです。  
― 「簡易仮設トイレ」を開発して  

 簡易仮設トイレの開発に着手したのは一昨年です。試行錯誤を繰り返し、2年かかって現在の形に仕上がりました。苦労した点は、こんな大きな折り畳み式トイレは世界にもないので手探りの開発であること、プラスチック段ボールの特性で糊付けしてもめくれるので普通の方法では貼り付けできないことです。これまでにない接合方法で課題をクリアしました。

この商品は欧米でも販売したいので、昨年の8月には国際特許を申請しました。特許は異例に早く認められました。それだけ独自性を認めていただいたのでしょう。その後、おおさか地域創造ファンドと大阪フロンティア賞に応募し、両方とも採択されました。大阪産業創造館のプレスリリースから、夕刊フジ、日刊工業新聞、大阪日日新聞の取材につながりました。日本商工会議所の事例紹介にも掲載されました。これまで商社やネットを通じて簡易仮設トイレを販売し、9ヶ月間に400台余り売れています。商品は時の運がないと売れないと思っています。とよなかインキュベーションセンターのことは豊中市役所で聞き、入居することになりました。
― (株)One's アイの社名について  
 「One's」は、1人、一つのもの、それぞれを大切にという意味。アイは、現在インキュベーションで入居している部屋が「I」室。それに愛情のアイでもあり、また「私」を英語で言うとアイになる。アイをアルファベットで書くと数字の1にも見えるから。アイと言う言葉、文字には様々な意味がこもっていたので、社名をOne's アイとしました。
― インキュベーションセンターでの目標  
 現在、この簡易仮設トイレは車イスでの使用はできません。そのため、車イスでも使用できるバリアフリータイプの仮設トイレを開発し、ゆくゆくは福祉用具として売り出していきたいと思っています。これからはトイレに限定せず、折り畳み式「個室」として売っていくつもりです。また、この仮設トイレは軽く、折りたたむと厚さ6cmになり、簡単に組み立てることができるのが特徴なので、言葉だけでは伝えきれない商品の良さを、実際の物を置いて見てもらえるようにしたいと思っています。

 齋藤さんに最後、仕事で大切にしていることを伺いました。
すると「努力した人だけが、良い運をつかむ土俵にあがる資格がある」「経営者が歩けば、ビジネスにあたる」という言葉が返ってきました。齋藤さんは努力することはもちろんのこと、経営者としていろんな場所に顔を出したり、勉強したりすることで、たくさんの出会いやビジネスに繋がるのだと身をもって体験されてきました。そのため、今でも色んな場所に出向かれます。

これからもその行動力で、どんどん前進していかれることを期待しています!

   ●問合せ先
 (株)One’s アイ
 住所:豊中市蛍池中町3-9-20 4F
 電話: 06-6852-6821
 FAX: 06-6852-6831

 
                                                  2008.4.3 中西

 

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク