トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    [オフィスにおじゃま] CJI BOX (シージェイアイボックス)


 

 「健康」をキーワードに資格を活用して起業します。 
                                                 井関 敦子さん


井関敦子さん


5月から創業準備室に入居された井関敦子さんにお話を伺いました。
井関さんは、以前シェアードに入居されていた楊さんの奥様です。

まず初めに、入居のきっかけを伺いました。
昨年(2006年)の11月頃にご主人の楊さんが仕事で中国へ、井関さんはそのまま日本に。
この状況を見て「人・物・情報の日中の交流ができるのでは?」と考えるようになったそうです。
その頃にこのセンターを巣立っていかれる起業家を送る会があり、ご主人・楊さんが日本に来られている時でしたので、ご夫婦で参加して下さいました。

その時、IM(インキュベーション・マネジャー)奥田さんに2007年度の「食プロジェクト」の話を少し聞かれたそうです。現在薬膳の勉強をしていたので何かいっしょにできるかな?と思うようになり、 おもいきって奥田さんに相談したのがきっかけとなり、この創業準備室に入居されることとなりました。


薬膳とは、特別なものを使うのではなく、普段食べている食材を利用します。その食材に含まれている栄養素・効能で体調にあった食事をする。
お話を伺っていると、昔おばあちゃんから聞いたいわゆる生活の知恵≠ノ、ちょっと近いものがあるような気がしました。
井関さんはこの薬膳をする勉強していく中で、お菓子も必要なのではということでお菓子の勉強もされていて、今は2つ同時進行中です。
また薬膳・お菓子を勉強するにあたり、これならお茶も必要!と思い、中国の茶芸師の免許(日本で言う茶道のようなもの)を月の初めに中国で取ってこられました。

茶芸師の免許

何とも、勉強熱心な方で頭が下がる思いです。

現在、創業準備室で日々勉強されています。井関さんと同じように創業準備室に入居されている方と部屋でお話をしていて、横のつながりがあったりするそうです。


<準備室デスクの上>
  薬膳・お菓子の勉強中なので、
本がびっしり
「今は勉強の真っ只中でまだ準備ができずにいるので、同じ部屋にいながら他の方と差があるように思うので、見習ったり時にはお手本にしたり、良い目の前の目標です」と井関さん。
また、この半年間で何ができるのか・できないのかを分ける作業をしていきたいとも、おっしゃっていました。

今後、薬膳や茶芸等を通じて、たくさんの交流・コラボレーションがあるといいですね。
2007.06.01 中西

>>「オフィスにおじゃま 2008」

 

 

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク