トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 


  [起業でGO! 第1回] とよなか起業・チャレンジセンターって?



 







【とよなか起業・チャレンジセンターというトコロ】

とよなか起業・チャレンジセンターは、豊中市の蛍池駅のすぐ近くにある施設です。

とよなか起業・チャレンジセンターの機能のひとつに「創業支援」があります。
創業支援を行う施設は、一般的に「インキュベータ」や「インキュベーションセンター」と呼ばれることが多いです。

インキュベーションセンターという聞き慣れない言葉ですが、日本語にすると 「創業支援施設」という言葉になります。つまりこれからビジネスを始める人をお手伝いする施設です。

同じような言葉で、インキュベータという言葉もあり、実はこちらの方が創業支援施設としては、一般的です。インキュベータとは、「孵化器」のこと。つまり、「卵」(起業家) から「ひな」 になり、巣立つイメージです。

一般的にインキュベータがもつ支援機能は、「ソフト支援」「ハード支援」(貸し室)です。
ソフト支援は、施設によりいろいろあります。 情報発信や販路開拓、マッチング、技術開発、資金確保支援などなど、です。 マンガに出てくる「ハード、ソフト両面の支援」とはこのことを指しています。

インキュベータの発祥はアメリカです。起業を促すことで地域に雇用が生まれ経済発展に寄与する、そういう目的があったようです。

日本では、90年代以降に多くの施設が開設しています。公設公営(公的な組織が建設して運営も行う)、公設民営(公的な組織が建設して民間が運営を行う)、民設民営(民間組織が建設して運営も行う)の多くの施設があります。ちなみに、とよなか起業・チャレンジセンターは公設民営です。

***

この連載では、起業から事業を軌道に乗せるまでのプロセスを、とよなか起業・チャレンジセンターで行われている支援内容に沿って、分かりやすく紹介していきます。



(マンガ制作)株式会社画屋
●起業やこの企画に関するご相談、ご質問は

 連絡先:とよなか起業・チャレンジセンター
  〒560-0033 豊中市蛍池中町3-9-20
  電話:06-6840-1955(窓口営業時間10〜18時)
 

 < 目次 > 次回

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク