とよなかインキュベーションセンターのトップへ戻る
とよなか経営塾のトップへ戻る

 とよなか経営塾塾生紹介(平成22年度)

音楽サロン くつろぎ

塾生:吉田寛子さん

 

誰かが笑顔になっていく過程を見るのが好き

「最初は硬い表情だったお客様が、歌ったり楽器を演奏したりするうちに、笑顔になっていく。変化の過程を見るのが好き」という吉田さん。

主にシニア世代を対象に、ピアノ、うたごえ、ハンドベルのレッスンをされています。
非日常的な空間でゆったりとくつろいで頂きたいという願いから、おしゃれなカフェでもレッスンを行っています。

レッスン後にはお茶やおしゃべりのくつろぎタイムを設けるなど、人と人との交流やつながりも意識して事業展開されています。


うたごえレッスンの様子

   
入居後すぐに経営塾参加

とよなかインキュベーションセンターに準備会員として入居されたのは2010年4月。実はその前に入居申込の書類をインキュベーションセンターに取りに来られて、書き方が分からず1年ほどそのままにしていたとか。

その後、起業セミナーで事業計画や予算の立て方を学び、意を決し入居。入居後すぐに、スタッフからとよなか経営塾に参加してみないかと声をかけられたそうです。

入居して間もなかったこともあり、 正直、最初の頃はとんでもない所に参加したんじゃないかと不安に思われたそう。

参加するにつれて、周りの塾生に刺激されモチベーションもあがり、追い込まれるとトコトンやってしまう性格もあいまって、できることはすぐに行動に移されたそうです。

例えば、チラシの改善。 キャッチコピーの言葉を厳選し、レイアウトやデザインも講師からのアドバイスをもとに作成。初めて印刷業者へも発注されました。いつもより思いを込め作成したチラシなので、配布も早く進み、急きょ増刷されたそうです。


ビジョンを絵で表現(ゼミの風景)


カフェdeレッスンの新しいチラシ

   
焦らないように でも止まらない。

日頃は異業種の方と知り合うきっかけがなかったので、塾でのディスカッションは、自分では思いつかないような意見を聞くことができて大変刺激になったそうです。目線、見方はいろいろあることに気づくことができたそうです。

また、経営者・事業主としての意識が強くなり、人間的にももっと成長しなくてはいけないと思うようになられたそうです。

モットーは、「焦らないように。だけど停滞はしない。」
時間はかかると思うので、焦らずに、少しずつでも前に進み続けたいという吉田さん。

持ち前の頑張り屋の性格で、多くのお客様のくつろぎの時間や笑顔を生み出して頂きたいですね。



ハンドベル体験(とよなか産業フェア)

【新規事業】
 シニアのためのピアノ初心者講座(1月26日〜3月2日までの毎週水曜日、10時〜12時)
 詳しくはチラシをご覧ください(


    音楽サロン くつろぎ

豊中市蛍池中町3-9-20とよなかインキュベーションセンター
TEL&FAX:06-7898-1311 携帯:090-8987-8189
ブログ:http://kutsurogi.osakazine.net/


とよなかインキュベーションセンターのトップへ戻る
とよなか経営塾のトップへ戻る