あっ! これならできる!「とよなか経営改善塾」 21年度  塾生紹介

 社名:おうちごはん塾「きっちんすまいる」
 塾生:横地多実子さん
 業種: 料理教室

 改善塾で改善したいことや課題
     お店の実現を具体的に進める最初の一歩として、課題を整理し行動計画に移す

※「とよなか経営改善塾」とは>>>


●料理教室を運営されているということですが、特徴は?
  日本の伝統の知恵を現代風にアレンジした手軽で安心安全な料理です。
お米と旬の野菜を中心とした、毎日の食卓に自然に溶け込む調理法をお伝えしています。

 伝統の知恵って難しそうだけれど、家族全員がめまぐるしく忙しい中で毎日毎日健康に暮らしてきた工夫の集大成だから、手間がかからず、おいしくて、健康に直結しているのは当たり前。そこに「重ねて煮る」という考えを採り入れたらおいしさがグンと増しました。

 そうした知恵を活かした古くて新しい調理法を、成長過程のお子さん、メタボ気味のおとうさん、頑張ってこられたお年寄り、そして次の世代につながる子育て中のママにお伝えしたいと願っています。




<右端が横地さん>

<重ね煮による調理>

●横地さんが大切にしていることは何ですか?
  身体をつくる基本となる「食」を大切にし、その改善に取り組んでいます。

 きっちんすまいるでは、
 ・ お米の力を食べる
 ・ 旬の力を食べる
 ・ 生命の力を食べる
 ・ 和の力を食べる
 このこころ強い4つの力を大切に考えています。

 豊富な栄養素を含んだ優れた食品であるお米
 旬の野菜にはそれぞれの季節に役割があり、適切な摂りかたをすることで、自然と身体を助けてくれます。など、自然の摂理に沿った食生活をすることで、いつまでも健康で笑顔でいられるお手伝いをしたいと考えています。

 

●きっちんすまいるは、今後どうしていきたいですか?
  自分の体験をもとに、子どもを宿したお母さんから改善していくことが一番よいと思っていましたが、通称「メタボ検診」が制度としてスタートして以来、企業としても社員の健康管理のための取り組みが必要となりました。そこで、今年9月からは企業向けのサービスも始めました。
 妊婦さんや小さな子どもをもつ親だけが対象ではなく、今後は高齢者の健康維持、若手社員の食改善などにも取り組んで行きたいと思っています。


 
<できあがった料理>


<料理教室の様子>

●最後に、この改善塾ではなにを改善したいと思っていますか? 
 現在、とよなかインキュベーションセンターに入居していますが、最大の期限があと1年余りになりました。ここでは、料理教室を中心に展開していますが、残り一年で次のステップを考えています。
 それは、「レッスンのスタジオを持つ」「たくさんの人に重ね煮料理を試してもらう」「調味料や旬の野菜などを情報とともに販売する」という複数の夢を同時にかなえることができるお店を持つことです。
 改善塾では、これをより具体的に進めるための最初の一歩、整理し行動計画に移すところをやっていけたら良いと思っています。


 

 ●事業所概要
 おうちごはん塾「きっちんすまいる」

   豊中市蛍池中町3-9-20(とよなかインキュベーションセンター3階)
   TEL:090-7344-4922
   ホームページ:http://www.kitchen-smile.com/

 
ブログ:http://kitchensmile.osakazine.net/