<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
2010年
7月16日(金)

■……現場はおもしろい!

みなさん、こんにちは。おくだです。
昨日の朝、セミが鳴いていましたね!
梅雨明けも間もなくです。

さて、先日もお伝えしたとおり、経営者自らが考え、行動する力をつけるための少人数制のゼミナール「とよなか経営塾」。12名の塾生が決定しました。
現在、来週21日(水)から始まるゼミナールの前に、塾生のみなさまの会社訪問をさせていただいております。
やっぱり、現場はおもしろいですね!

今、丁度半分の6社訪問させていただきました。
簡単にご紹介するとこんな会社さんです。

・マンガとイラスト制作の会社
・洋菓子店
・両面テープや発泡体材料の加工(打ち抜き・切断・ハーフカット加工)
・ステンレスハブ研磨加工
・プラスチック加工(塩ビ硬質板の手加工)
・サッカー用品のネットショップ販売

どこもHPで拝見したり、話を聞いたりするだけでは分からない現場の雰囲気。
人、機械、音、匂い、風、空気……

特に、職人さんがいらっしゃる製造業の現場では、「ひと」が光っているように見えました。
作業でお忙しい中をお邪魔しているにもかかわらず、案内してくださる社長に質問しているのですが、

「この機械はな、こういう仕組みで……」「この部品がな……」と、機械や作業についての説明が始まりました。

また、「この機械は、むかし社長と一緒に製造メーカーに提案して、自分たちが使いやすいように作ってもらって、今も使ってるねん!
この機械があるから、二つの仕事が同時にできるねん。すごい機械やねん」と、自慢げに話される姿はとても素敵でした。
この会社が「ひと」や「もの」を大切にされている様子がよく伝わりました。

こうした職人さんや従業員のかたの様子も含めた会社の雰囲気というのは、現場に行かなければわかりません。
パートさんも含め来訪者に笑顔で挨拶をする。
社内(工場内)が整理整頓されている。
働いている人の姿がいきいきとしている。

など、こんな会社は社長も意欲的です。

また、一口に「切る」と聞くと「刃」が上下あるいは前後に動いて切ると思ってしまいますが、「圧し切る」という方法もあるんですね。
また、大きなタンクを磨くのは、当然機械だろうと思っていたら人の手で磨くなど、まだまだ「人の手」に大きく頼っていることが多いというのは、大変な驚きでした。

普段、テーブルをはさんで話を聞くだけの仕事をしている私にとって、現場はものすごく刺激的で、これからも機会があればどんどん現場に出たいと思った「とよなか経営塾」の現地訪問でした。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

さぁ、「とよなか経営塾」は、いよいよ始まります。
次回は、塾生のみなさんをご紹介したいと思います。お楽しみに!





 



 



※写真はイメージです


※写真はイメージです

 
(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク