<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
2010年
2月16日(火)

■……気持ちの切り替え

こんにちは。
最近、「おかぁさん」と呼ばれることが多い奥田です。(笑)
2月も半ばになりました。春まであと一歩!

ところで、冬季オリンピック、始まりましたね。
日頃はあまりスポーツに関心がない私ですが、やはりオリンピックは
特別です。
その一瞬にかけて何年も調整し挑む。
特に冬の大会は、その一瞬にかける競技が多いような気がして
どれも感動しますね。

先日の女子モーグル、観ましたか?
残念ながら日本で期待された上村愛子選手は4位に終わりましたが、
それでもやりきった感と入賞できなかった悔し涙を流しながらのあの笑顔は素敵でしたね。

そんな中、海外の選手ですが、前半、とても順調に滑り、
技もきれいに決まったかと思いきや、瞬間にバランスを崩して転倒!
着地まではきれいだったのに。。。
あの一瞬で、やった!これで決まり!と気をゆるしてしまったのか?
一瞬、ほんのレイコンマ何秒でも意識が違う方にいってしまったのか?
この一瞬にかけて、何年もかけて調整してきても、
そのまたほんの一瞬気をゆるしたことが命取りになる。

うぅーん、なんとも。。。
ここには「精神力」という言葉を感じます。

実は、去年夏から読み始めた「三国志」をようやく読み終え、
先日から、司馬遼太郎さんの「竜馬が行く」と読んでいます。
20年以上前に家にあったのを読もうとチャレンジしたのですが、
1冊目の半ばで挫折。
その時は、あまり関心がなかったんですね。
だって、平和に暮らしていましたから(笑)。
バブルの前で、景気も良く時間のたっぷりある専業主婦をしていた私は、
夫の給料もボーナスも毎年上がっていくものだと思っていたし、
何の不安もなく暮らしていましたから。(笑)

でも今回、NHKの大河ドラマで「竜馬伝」をやるというので、
もう一度読んでみようと。。。
すると、面白くて仕方ないのです。
今は、世の中も先が全く見えなくて、不安でいっぱいで、
私自身の状況も20年以上前とはずいぶん変わりましたから、
きっと感じるものが多くあるんだと思います。
引き込まれるように読んでいます。
一気に読んでしまいたい衝動に駆られながら、
でも少しずつ読み進めています。

さて、話が横道にそれましたが、この「竜馬が行く」を読んでいると
剣道のシーンが頻繁にでてきますよね。
一瞬でも不安を感じたり、他のことを考えた隙を突かれる。
竜馬は、ここで自分が勝つと、この人の立場は危うくなるんだろうな、
と思った一瞬を突かれて一敗する、というシーンがありました。
これが竹刀ではなく、刀だったら。。。
オリンピックも一度きり。
その一瞬に迷いなく挑むには?

やはり「精神力」なんでしょうか?
よく、精神力を鍛えるなんていいますが、どうすれば
鍛えられるのでしょうか?
それは、日々努力の積み重ねによる自信が必要だと思います。
また、周りの環境に左右されることもありますが、
その一瞬は、雑念など全てを忘れて取り組むことが必要なのだと思います。

「積み重ねによる自信」と、「気持ちの切り替え」

特にこの「気持ちの切り替え」が自在にできるようになった時
「精神力」が生まれるのではないでしょうか。

と、簡単に言ってしまいましたが、これが大変ですね。
私自身もこれを心して日々、がんばりまーす。

 



 








 



※写真は全てイメージです
(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク