<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM与那嶺のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム


2010年
2月1日(月)

■……景気に薄日が差すか?

 みなさんこんにちは、与那嶺です。今日はちょっと景気ネタでいきたいと思います。
  新年に入りましたが、景気であまりいい話は聞こえてきません。そんななかで、少しいい話をお伝えできればと思います。

(2010年の世界の実質経済成長率は3.9%に(IMF見通し))
  国際通貨基金(IMF)によると、2010年の世界の実質経済成長率を3.9%に上方修正しています(昨年10月段階では3.1%)。これを牽引しているのは、中国・インドなどのいわゆる新興国。先進国はまだダメージから回復している様子にはありません。う〜んっ、難しいですね。ちなみに日本は2010年が1.7%、2011年が2.2%と予想しています。2.2%?ホンマかいな、という気がしないでもないですが。
  前回の景気浮揚のときもそうでしたが、やっぱり今回も外需による牽引で回復へと向かうのでしょうか。
 
(自動車関連産業)
  先日、大手自動車部品メーカーに勤める友人と話す機会がありました。
工場の稼働状況を聞いていると、「がんがん稼働していると」とのことです。
  たぶん次世代型の自動車ではなく、現在の在庫調整がひと段落して、徐々に生産があがっているということだと思います。しかしながら、まだ協力工場の稼働までは戻っていないと思う、という話でした。
  また、別の中小企業(従業員数10人台)では、次世代型の試作・開発の発注が増えているということでした。この企業は大阪府内の企業です。

(住宅産業)
  これはある人から聞いた話なんですが、住宅部材製造メーカーの方から聞いた話という前置きでしたが、大手ハウスメーカーが発注単価を引き上げるという話が出ているようです。景気対策の関係でしょうか。
  住宅が増えるとそれに伴い什器や家具、装飾品なども需要が増えるので大いに期待したいところです。

(なぎさのテラス)
  次は国や業界ではありませんが、ちょっとした話題としてご覧ください。
  先日、大津市内にある「なぎさのテラス」というところに行ってきました。琵琶湖湖岸に4軒のカフェが並んでいるところです。結構にぎわっていますね。お客様の9割は女性らしいです。私はお昼頃に行きましたが、これが夏の夕方だとすごくいい雰囲気になると思います。入ったのは1軒だけでしたが、残りの3軒も外装だけしかわかりませんが、いかにも女性が好みそうな雰囲気でした。
  湖岸に沿って遊歩道があって、そこを散歩する人が多いそうです。ですので、お客様の中には高齢者の方もちらほら見られました。開発に携わった関係者のお話では、4店はいずれも実力店だそうです。

 景気に薄日が差しているというお話は、たぶん他業種でもあるんだと思いますが、とりあえず私が最近見聞きしたものをお伝えしました。


 







 
※写真は全てイメージです
(なぎさのテラス)
 
(文:与那嶺 学)
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク