<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
2009年
12月16日(水)

■……宣言してすぐ行動

先週末、島根県へ行ってきました。
コミュニティビジネスの講座に呼んでいただいたのですが、1日目は、松江市で翌日が出雲市でした。

対象が若干違っており、松江市では「起業支援講座」の1コマとしてでしたので、起業を視野に入れている人がほとんどでしたが、出雲市では「再チャレンジ支援講座」の1コマとしてなので、就職や転職のための気づきを与える感じで、起業までは考えてない人が多かったようです。

でも、お話した内容はほぼ同じです。
どちらの講座も、女性が対象でしたので、事例も女性の事例ばかりを用意して、身近なこととして、そんなやり方があるのかとヒントになればと思いました。

例えば、
・自分時間の見つけ方、使い方
・今、できることを見つけすぐに始めること
・自分サイズを見つけましょう
・できない言い訳をするより、できることを見つけましょう
・自己責任で!

こんな話です。
内容的には、ほとんどコミュニティビジネスについては触れません。
それよりも、「あなたにもできるよ!」というメッセージを伝えたかったのです。

そして、講座はまず、「夢=やってみたいことを考える」ことから始めました。
それを参加者同士で共有します。つまり自己紹介をするのです。
人数が多い場合は、お隣さんや前後で初対面の人同士でします。

その後、先ほどのポントをお話ししたあとに、事例紹介。
その間に、感じたこと、疑問に思ったことなどを書きとめてもらいます。
最後に、
「今、すぐ始めること」を書いて、みんなの前で宣言します。

講座は聞いただけで終わる場合がほとんどです。
それを人に伝える、人の前で宣言することで一歩だけ前進しますよね。
そして、さらにもう一歩。。。
最後にこう伝えました。
「お願いですから、今日帰って寝るまでの間に、今日の講座のことを思い返してください。
  そして、最後に今から始めると宣言したことを思い出して、行動してください。」と。

これ。。。
分る人には分りますよね(笑)
今年度から始めた「とよなか経営改善塾」の集中セミナーで、講師の山本先生が塾生に毎回、お願いしていたことです。
「お願いですから、30分でいいので、やってみてください!」と。

やれてなかった人も多かったようですが、確実に実行した人が、コンテストで最優秀賞を取ったのでした!
みなさん、やっぱり行動ですよ!
そのコンテストから一週間後の今回の講座でしたから、これをどうしても伝えたいと思いました。
と、こういう話を人前ですることで、自分自身を奮い立たせている「わたくし」でした。(笑)


 


 


※写真はイメージです





コンテストの最優秀賞決定

 


(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク