<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 2009年
 8月16日(日)

■……キャッチボール


婚活、、、いやぁ〜流行ってますね〜。
昔のように世話好きのご近所のおばちゃんが、いなくなった今、これが商売になっているのですから。。。面白いですね。

料理婚活に、趣味婚活、最近では野球の応援しながらスタンドで婚活とか。。。
次から次へと新商品(?)が生まれているようです。
テレビではいろいろ面白おかしく紹介されていて、最近の男女として「草食系男子」と「肉食系女子」が特徴とか。
ひどい言われようのような気もしますが、なるほど、、、と納得できる気もします。(笑)

先日、テレビを見ていると、「花婿学校」というのをやっていました。
噂には聞いていましたが、本当にあるんだ〜と思いつつ見ていて一番印象に残ったのが、「キャッチボールの練習」です。
グローブとボールを持って、、、ではありませんよ。
会話のキャッチボールの練習です。

花婿学校に通う男性と講師の女性との会話

男性:「肉と魚、、、どちらが好きですか?」
女性:「うぅーーん、どちらかというと、、、お魚、ですかね。。。」

男性:「趣味はなんですか?」
女性:「違う!違う!」
    「そこは、まず女性の魚という答えを受け止めなきゃ!
     そして、そうですかぁ、僕もですとか、僕はどちらかというと肉ですね。。。とか」

   「まずは、相手の言葉を受け止めるっ!」

思わず笑ってしまいました。
でも、こういったタイプの人って結構、多いですよね。
これでは、会話としては成立しませんもん。

私は本当の、いわゆるグローブとボールを使うキャッチボールも大好きなので凄く理解できるのですが、まずは、相手のボールを正しい姿勢でしっかり受け取る。
しっかりと受け取り、正しい姿勢で投げると相手の取りやすいボールが投げられる。
すると当然、相手もしっかりと受け取るので、こちらが取りやすいボールを投げてくれる。
この繰り返しで、キャッチボールが続き、楽しいものになるのです。

そして、相手がいつも自分のいるところに投げてくれるわけではないので、素早く、正しい姿勢で取れるところに移動することが大切なのです。

会話も同じ。
相手の言葉をしっかりと受け止める。
そして、それに対してしっかりと投げ返す。
また、いかに相手が投げかけた言葉に近づけるようにするか。

先日、また別のテレビ番組である小学校の国語力を鍛えるだったか、会話力を鍛えるかの取り組みを紹介していました。
それは学年関係なく、1対1のペアになり会話をするのです。
その時にまずは相手の言った言葉をいったん受け止めて、それに続けて何かを言う。
確か、そんな内容だったと思います。

相手の言葉に何かを返すためには、相手の言葉を理解しなければいけません。
そのため、真剣に聞きます。何をいっているんだろう?
どういう意味なんだろう?
特に1年生と6年生では考えることも違うので、そのレベルに合わせて聞くことが大切です。
その訓練をする、、、確かそんな内容だったと思います。

「花婿学校」の内容を見ていて、小学校のそんな取り組みが紹介されていたのを思い出しました。

が、これって全ての基本のように思います。
相手を知ろうとする。理解しようとする。この姿勢が大切なのだと思います。
これがコミュニケーションの基本。

大人になって教わらなければいけない現状に驚きましたが、この男性にはぜひ、習得してほしいと思いました。きっとこの先の人生変わりますよ。。。と。
あ、、、大きなお世話かな?(笑)


 

 

 






(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク