<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 2008年
 11月17日(月)

■……時間の整理

前回はイベント開催までのプロセスについて書きましたが、今回は時間の整理についてです。
今回のイベントは、起業家自らが企画・運営するということで、全員で話し合うことからスタートしました。 これを始めたのが6月13日

私には、10月25日にイベントをしたいという大きな目標はありましたが、いつするかどうか、やるかどうかさえ未定のまま始まった初めての会議。もちろん決めるのも私ではなく起業家です。
その後、数回会議を重ね、自己発信のイベントをする、そして日程は当初、想定していた10月25日。これが決まったのがそれから一ヵ月後くらいでした。
あと3ヶ月。内容的には、まだ何も決まってないと同じ状態でした。やらなければいけないことが沢山ありました。何をするのかを決めなければ、告知媒体(チラシ、ポスター)の制作にも取り掛かれません。
デザイン、印刷の日程を考えるとタイムリミットは迫っています。
忙しい起業家が集まるのも大変な中で、やらなければいけないことが山積していました。気ばかりが焦ります。

起業家のみんなもきっとそんな状態だったと思います。本気で取り組もうとすればするほど、やりたいこと、やらなければいけないことが湧いてきます。もちろん、通常業務をこなしながらのことなので大変です。

みなさんは、どうか分かりませんが、私はこんな時、時々ふっと何をすれば良いのか解らなくなるときがあります。 きっと混乱しているんですね。 目標が大きいとそのことばかりが気に取られて、目の前のことが見えなくなります。
先は見えるけど途中が見えない。そんな感じです。気持ちが焦るばかりで前に進まない状態。

そんな時、私はメモと付箋を使って整理しています。
かなり気持ちがパニックになっている場合、

まず
・深呼吸をして、「やりたいこと」と「やらなければいけないこと」を思いつくままメモ用紙に書ます。
ここでのポイントは深呼吸です。深呼吸をしてゆっくりその時に思いつくことだけを書きます。 焦らない。ここがポイントだと思います。

次に、
・その中でも今日中にすることを大きめの付箋に書き写します。
取り合えず、今日中にすることです。

本当にパニックになっている時は、ここまでにします。
取り合えず今日一日はこれをこなすことだけに集中します。

少し余裕がある時は、さらに、
・期限が今週中、今月中と付箋を分けます。

そして
・今日中にすることはデスクに貼り付けます。ちょうどパソコンの横、常に目に入るところに貼ります。ここがポイントです。
・残りの中長期的な事柄は、デスク脇のブックエンドで作った「仕切り」に貼り付けます。

そして、
・終わったものから線を引いて消して行きます。
一つ一つ消えていくことで、少し落ち着いてきます。

この作業を繰り返していると、先が見えてきて、ゴールまでの道筋が整理されていくように感じます。

先日ある本を読んでいると、「忙しいというのは混乱しているだけのこと」「忙しい、忙しい」と、いつも焦って追い立てられているような日々を送っている人は、実は時間がないのではなく「混乱しているだけ」と書いてありました。

「なるほどなぁー」と思うと同時に、時間の整理をする自分なりの方法を持っておくことが大事だと感じました。


 

 

 
 
 
※写真は全てイメージです。
(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク