<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 2008年
 11月4日(火)

■……プロセス、ひとつひとつの積み重ね

銀杏並木も色づきはじめ、プラタナスもあと一週間もすれば美しい色で心和ませてくれる季節になりました。
梅雨が始まる頃に、企画を始めたイベント『とよなかインキュ起業家フェスタ2008』が、10月25日(土)晴天に恵まれて、無事終わりました。

起業家たちが自ら企画し発信するイベントに、予想以上に多くのかたにご来場いただき、終始賑わいのあるものとなりました。

この場を借りて、ご来場くださった方々、ご協力くださった皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。そして通常の業務をこなしながらイベント準備をした起業家のみなさん、本当にお疲れ様でした。

今回のイベントは、「新しい顧客獲得のための自己発信、そしてそのプロセスから次のステップへの足がかりを得る」という大きな、目的がありました。

結果も大事だけれど、なによりそのプロセスから得られる「何か」を大切にしようというものでした。
「プロセスから得られる何か」
具体的にどうだったのでしょうか?

・日ごろの考えをありのまま発信することで、ファンを掴んだ人
・ずっと考えていたメインターゲットを絞ることができた人
・具体的商品の販売開始ができた人
・起業決意したときのワクワク感を取り戻した人


そして、イベント当日を通じて

・多くの人と関わること、直接お客様と関わることで学んだ人
・単に物売り(陳列)だけではモノが売れないことを実感した人
・プレゼンをすることで自信がついた人


など、さまざまでした。

そして何より、一つのことを終えた達成感から自信を持った人、ひとりではなく合同でイベントをするということで、今まで見えなかった周りの人たちの様子を見ることができて、励まされた人も多かったようです。

特に、自分にしかできないことをしっかり築き、それを強みにしながら確実に顧客を獲得している他の人の姿を見て、改めて大切なことに気付いた人もいました。

当然、良いことばかりではなくて、課題も多く発見されましたが、同時に自信もついてきているので、前向きに取り組む姿勢が見られます。

企画からほんの数ヶ月の出来事ですが、いろんなことを感じ、得るものが多くそれぞれが大きくステップアップしたのではないでしょうか。
イベントをイベントだけで終わらせないためには、そのプロセスを大事に、その後に繋げる意思を持って開催する必要があると、身をもって感じた今回の「起業家フェスタ」となりました。

起業家同様、私自身も一歩ステップアップできた気がします。

 

 
(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク