<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 2008年
 9月1日(月)

自分時間をパーセンテージで考える

あなたの『持ち時間』はどのくらいありますか?
また、その中で今、ビジネスに使える時間は何%? 5年後は?
できないことを考えるより、現状でできることを考えましょう!

先日、ある女性起業家のためのセミナーに参加した際、こんな話がありました。
ひとり暮らしで全ての時間が自分のためだけに使えるという人は、別ですが、特に女性の場合は、まだまだ周りの環境に左右される場合が多いですよね。

そんな中で、『自分の持ち時間』=『自分時間』がどのくらいあるか?それを数値で考えるというものです。
家事もきちんとこなしたい。子どもや夫ともじっくり向き合いたい。地域のお付き合いもある。けれど私にはやりたいことがある。どう考えても1日24時間は万人共通。どう考えても時間が足りない、寝食を削っても時間が足りない。ならばどうバランスを取るか?だって言うけれど、やりたい事を優先すると家族の寂しい顔が浮かび、家族を優先すると自分がイライラする。バランスよくなんてできない!

そんな時、今何を大切にしたいのかを考えること。そして自分時間がどのくらいあるかを考えること。また今だけではなくて、この先も考えること。

それらを見えるもの=カタチにするだけで楽になります。カタチというのが何%かという数値とそれをグラフにすることです。
あとは、今ある自分時間の中でできることを探す。また徐々にその制限を外す(自分時間を増やす)にはどうすれば良いかを考えることが大切だと思います。

先日のセミナーで紹介されていたのが2つ。
○自分時間が何%あるかを考える。
○1週間の中で自分時間がどのくらいあるか、曜日・時間ごとに考える。

ひとり何役もこなしている人にはお勧めです。
可視化するだけで、いろんなものが見えてくるような気がします。
そこで、あー今は20%しかないと考えるのか、20%の中で何をしようと考えるのか。同じ20%でも大きな違いですね。

相談に来られる人の中でも、この悩みが多いので何か参考になればと思います。

 

 

 

 

 


 

   

 
※写真はイメージです。
(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク