<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 2008年
 7月16日(水)

■ ホップ・ステップ・ジャンプ & ゲット!

  これは先週から始まった起業家研究会、連続セミナーのサブタイトルです。
一歩前進プラスαをめざし、必ず何かを持ち帰りましょう!というもので、講師の渕上先生が考えてくださいました。
わたし的には、この「&ゲット!」がかなり気に入っています。(笑)

4回連続の第1回目。
私が「&ゲット!」したものは、 「ポジティブ・シンキング。弱みを強みに変えるのは明るく前向きな姿勢」。

強み・弱みを客観的に分析するセルフチェックをしました。設問に答えたあと、 その中で、気になった設問を理由とともに3つ選びます。そしてその後、4番目、5番目に気になったものを選びます。
実はここがミソらしいです。
この4番目、5番目に気になった理由というのが潜在意識の中で思っている課題=弱い部分ということだそうです。
実は私もやってみたのですが、4番目に気になった設問は、「他店(社)と比べて弱み(弱点)と思われるところがある」 Yes か No か。
答えはYesですが、何が気になったのかというと、「弱みは絶対にあるものなので、その弱みを強みにかえる頭の切りかえしが必要だよなぁー。常に意識してないとできないなぁー」と思ったからです。

  実は先日、社内で話をしていた際に、つい「出来ないことが多いよなぁー」と、少々愚痴めいた発言をしたところ、スタッフがニコニコ顔で「できること、考えましょっ!」「私、いつもそうなんですよ。できないこと考えても仕方ないので、まずはできることを考える。そしてそれを楽しくやる!」ニコニコ、ニコニコ……(^^)

「ぅうーーーん、そうやわ……忘れてた!」
「わかっちゃ、いるけどついつい愚痴が先にでてしまう。」
「あかん!あかん! ポジティブ・シンキングで行こう!」

と思っていた矢先なのに、1番には上がらず4番目に気がついた次第です。 お恥ずかしい。
やっぱり常に意識していないと忘れがちになりますね。弱みを意識することで強みに変える。そのための柔軟な発想は、決して愚痴からは生まれません。明るく前向きな姿勢からしか生まれません。
ですので、「ポジティブ・シンキング。弱みを強みに変えるのは、明るく前向きな 姿勢」  今回の勉強会で得たものです。
「&ゲット!」です。(笑)

次回は何をゲットできるのか?楽しみです。

 


 

   


 
※写真は全てイメージです。
 
(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク