<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
 2008年
 5月16日(金)

……『感動したっ!』

 随分前に、当時の首相、小泉さんが貴乃花に言った言葉です。覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、前日の負傷を押して出場し22回目の幕内優勝を勝ち取った横綱貴乃花に対して「痛みに耐えてよく頑張った! 感動したっ! おめでとう!」と賛辞を送りましたよね。

当時、リアルタイムで見ていた私も一緒に感動を味わったのを覚えています。
久しぶりにその言葉を思い出す出来事がありました。

「おいしかった。感動した。これからも頑張ってください」

これは、豊中にある魚屋さんが作ったお弁当を食べた方からの電話です。
3月に当センターで団塊・シニア向けのセミナーを開催しました。お昼を挟んでのセミナーだったため、昼食にお弁当を用意することになり、魚を中心としたヘルシーメニューのお弁当を作っている「鮮魚こばやし」さんにお願いしたのです。

そのセミナーに参加した方から、鮮魚こばやしさんにこの電話があったそうです。小林さんに詳しくは聞いていませんが、商売をしていてこんなに嬉しい言葉はないですよね。

小林さんは、もともと豊中駅前で魚屋をされていたのですが、2年くらい前に、駅から少し離れた自宅1階に店舗を移したのを機に、お惣菜も始められました。
このお惣菜のコンセプトは「魚が美味しくなるお惣菜」、確かそんなんだったと思います。
「魚を美味しく食べて欲しい。」小林さんの想いはそれに尽きるようです。

当センターでは、できるだけ地域のお店などを利用するようにしています。お店選びに当たってはコンセプトがはっきりしていること。熱い想いが伝わること。などです。
そして、できるだけそういった商品は簡単でもご紹介するようにしています。
その想いが伝わったんですね。嬉しいです。
でも、何よりおいしかったのだと思います。

間接的ではありますが、久しぶりに「感動」を味わうことができ、改めて自分もこんな仕事がしたいと思っています。

「鮮魚こばやし」 豊中市本町9-1-1
Hp:http://senkoba.com/


 


「鮮こばお造り弁当」
 
団塊・シニア向けセミナー
 
(文:奥田 三枝子)
 
IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム

 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク