<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
2007年
12月17日(月)

■……地域の暮らしをより豊かに!

夏に始めたこのコラムも今年は今回で最後になりました。少しでも「とよなか」での様子を知っていただきたくて、つたない文章を書き続けていますが、何か伝わったでしょうか。

今回は今年最後ということで、このコラムの中でも何度も書いてきましたが「地域の暮らしをより豊かに」をテーマに書いてみたいと思います。

■……人生観・人間観を取り戻す

昨日、12月16日(日)に、入居団体であるイタリア生活文化交流協会が主催する「サビーナ・フェスティバル」がありました。通常は第1日曜日の開催なのですが、12月はクリスマスということで日程を変更しての開催です。

そもそもこのイタリア生活文化交流協会というのは、「地域における”人権文化のまちづくり”をすすめる為に、イタリアの人々との交流を通じてお互いを個人として尊重しあえるような地域づくりに貢献したい」というのがコンセプトで活動している団体なのですが、もう少し説明すると協会事業報告書の言葉を借りると

「スローフードなどの食文化とくらし、アグリツーリズムなど自然環境との共生、個性的なファッション、カンツォーネをはじめとする豊かな音楽、人間的なライフ・スタイルへのこだわり、強固な連帯意識など、イタリアの人々の暮らしの根にある生活文化を知り、交流を深めることを目的に発足した団体」です。

・個人として自立すること
・自立には責任が伴うこと
・お互いを尊重すること

日本では希薄になってきている、イタリアの人々が今でも持つ、そうした人生観や人間観を取り戻し、地域に根付かせたいということなのです。
  ※詳しくはこちらをご覧ください。

■……人々を癒し励ます音楽

当初はイタリア人が教えるイタリア語教室を中心に展開していたのですが、イタリア人音楽家(アレッシオ・アレグリーニさん)の協力を得ることができ、現在は音楽交流事業が中心となっています。

アレッシオさんは、「音楽は競いあうものではない、お互いを尊敬しあい、助け合う友情から生まれる」と言います。また音楽は生活から生まれ、人生の一部であり、人々を癒し励ますものであるという彼の演奏は、本当に心にしみます。その彼に学んだ日本人の音楽家たちが中心になって活動をしています。

そんな協会が昨年10月から地域貢献の一環として開催しているのが、この「サビーナ・フェスティバル」です。
サビーナというのは、アレッシオさんの地元であるイタリアの地方名です。

サビーナ・フェスティバルでは、
1.イタリア人が教えるイタリア家庭料理教室
2.イタリアの銀のアクセサリーや陶器、置物などを販売する「蚤の市」
3.「より身近に親しみやすい演奏」をコンセプトにアンサンブル・サビーナによるクラシックコンサート

などを開催しています。最近の料理教室はキャンセル待ちが出るほどで、コンサートも昨日はホールに満杯、100人程の人が来られ大盛況でした。

写真をみていただくと分かるのですが、子どもから年輩の方まで多勢の人が来られます。
「より身近に親しみある演奏」ということで、手の届くところで演奏したり、司会も音楽の説明も演奏する音楽家がしています。もちろん、このイベントの広報活動も全て音楽家が自らやっています。

■……友情のサビーナ・オーケストラ

また、こういった活動を続ける為にも事業としても行わなければいけません。
そこで、各地で演奏活動をしていますが、中でも一番大きな事業となっているのが、来年1月11日に行われるザ・シンフォニーホールでの「友情のサビーナ・オーケストラ」です。

昨年12月にも行われ、1600人あまりの方が来場され大成功をおさめ更に活動が拡がりました。
今年はさらにパワーアップしていることと思います。
ぜひ、みなさま1月11日(金)の夜は、ザ・シンフォニーホール「友情のサビーナ・オーケストラ」を楽しんでください。


   

アンサンブル・サビーナによるコンサート
今回は最前列に子ども達が沢山座っていました。
イタリア家庭料理教室のアウローラ先生
イタリアの雑貨が並ぶ蚤の市
 
(文:奥田 三枝子)
 
 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク