<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> とよなかインキュベーションセンター
トップページ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク  
 

 

    IM奥田のコラム



IM与那嶺のコラム   IM奥田のコラム
2007年
9月18日(月)

■……一日ひとりは来館

これは、現在でも「公民館」と間違って来館される人の数です。毎日ひとりという訳ではないのですが、多い日は数人来られるので、平均すると「一日ひとり」は来られてるのではないでしょうか。
その度に、インキュベーションとしての認知度の低さを実感させられ、もっと頑張らねばと思わされるのです。

■……「とよなかインキュベーションセンター」とは

そもそもこの当施設は、以下のように定義されています。

『「豊中インキュベーションセンター事業」は豊中市中心市街地活性化基本計画(2002年10月策定)、とよなかTMO構想(2003年5月認定)に基づき、市ととよなかTMO(豊中商工会議所)が共同で実施する事業で、コミュニティ・ビジネスを中心とした起業家の育成・支援を行うことを目的としています。
豊中市では、1997年から市内産業を振興する施策のひとつとして、「起業セミナー」を開催するなど、創業・起業の支援に力を入れてきました。2003年には蛍池公民館が駅前の再開発ビルに移転したのを機にその建物を活用し、本格的に起業家を育成・支援する拠点施設として、豊中インキュベーションセンターを開設しました。 』

※なお、2006年度より正式名称が「とよなかインキュベーションセンター」になっています。

これにより、弊社(有限会社協働研究所)が2005年度から委託を受け、運営しているのが「とよなかインキュベーションセンター」です。
2005年度から、起業家の育成・支援の仕組みを一から創ってきました。この間、試行錯誤を繰り返しながらやってきたわけですが、当初はコミュニティ・ビジネス支援が産業振興に繋がるのか?といった議論もありました。そのあたりの話や仕組みについては、また別の機会にしたいと思います。

■……地域住民に関心を持ってもらう取り組み

認知度の低いこの施設を「起業」・「コミュニティ・ビジネス」とは全く関係ないと思っている地域の方々にも知ってもらうためのイベントを企画しています。
昨年7月にも開催している「とよなかインキュまつり」
今年は、11月4日(日)に開催します。
昨年度の様子

当施設について、入居している起業家について知ってもらう他、コミュニティ・ビジネスを理解していただくため、市内の事業者紹介もします。
紹介というと、プレゼン、パネル展示となりがちですが、それでは「起業」・「コミュニティ・ビジネス」には関係ないと思っている(関心ない)方々は来られません。そこでお祭りにしました。
今回は、素人落語、クラシックコンサート、バルンアートなども加え、ロビーではゆったりとくつろげるようにする予定です。
大人も子どもも、高齢者も楽しみながら過ごせる企画、そして何となくでも良いので当事業について知ってもらえればと思っています。

イベントの多い秋、11月4日(日)10:30〜17:30ですが、ぜひこの「とよなかインキュベーションセンター」で一日ゆっくり楽しんで行ってください。
詳細は来月、お知らせします。

 

「とよなかインキュベーションセンター」
正面





昨年度のチラシ


 
(文:奥田三枝子)
   
 
トップ お知らせ 事業概要 施設紹介 入居者紹介 イベント 活動報告 アクセス お問い合わせ リンク